お気軽に
ご相談ください。

お忙しい方は
週末夜間も可能です。
  • 土
  • 日
  • 夜間
お電話は
平日・土曜10時~18

03-5944-9752

メールは
24時間 365

お気軽にご相談ください。
平日・土曜 10時~18 03-5944-9752

相続・遺言

相続は、亡くなった方(被相続人)の財産、権利、義務などを家族や親族が継承することをいいます。 相続手続きは、被相続人の遺言が存在しないときの法定相続分によるものと 被相続人の遺言が残されている場合の遺言に基づく指定相続によるものがあります。

相続手続きの流れ

【遺言書の有無の確認】

相続の手続きで重要になるのが遺言書の有無です。遺言書は、被相続人の最終的な意思表示ですので、 原則的に最優先されます。遺言書は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。

【相続財産の確認】

相続の開始(被相続人が亡くなったことを)知った日から3ヶ月以内に遺産の内容を確認し、 資産の額・負債の額の調査を行い、相続方法(単純承認・限定承認・相続放棄)を選択します。

財産調査の対象となるもの

  • 預貯金
  • 株式、社債、ゴルフ会員権などの有価証券
  • 土地や家屋など不動産
  • 自動車など動産
  • 生命保険
  • 貸金庫の有無
  • 債務(借入、未払いの入院費など)

【相続人の調査・確定】

誰が相続人であるのか調査を行います。被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本を取得し、相続人の範囲を確定します。 先順位の相続人が死亡などによって存在していない場合は、代襲相続についても確認します。相続人の範囲が確定したら、相続関係説明図を作成します。

【法定相続分】

相続人と相続順位 配偶者 法定相続分
第1順位
子、孫 直系卑属
1/2 子(養子・非嫡出子・胎児を含む)1/2 ※子が複数人あるときは1/2を人数分で割ります。 ※子が死亡している場合や相続権を失った場合は孫(代襲相続)
第2順位
両親、祖父母、 曾祖父母
2/3 親(祖父母、曾祖父母)1/3 親が複数人あるときは、1/3を人数分で割ります。
第3順位
兄弟姉妹・甥姪まで
3/4 兄弟姉妹1/4 兄弟姉妹が複数人あるときは、1/4を人数分で割ります。 ※片親のみが共通の兄弟姉妹は、両親が共通の兄弟姉妹の1/2

【代襲相続】

本来相続人となるべき人が、相続開始の時点で既に死亡していたり、相続欠格や推定相続人の排除により、存在していない場合は、次の順位の人が相続人となります。

相続人と相続順位 法定相続分
子が被相続人の前に死亡 子の子(孫)が代襲相続する。
兄弟姉妹が被相続人の前に死亡 兄弟姉妹の子(甥姪)が代襲相続する。 兄弟姉妹に再代襲はない。

【遺産分割協議】

遺産分割は、相続人全員の協議で行います。協議が調わないときは、遺産分割調停手続きや審判手続きによって分割をすることになります。

【遺産の登記・登録・名義変更・払戻】

遺産分割協議等の内容を確認して、必要な登記・登録・名義変更・払戻などを行います。

池袋駅⇒徒歩5分/東池袋駅⇒3分

須田総合法律事務所

個人向け業務

主な個人向け業務

その他個人向け業務

close

法人向け業務

close