お気軽に
ご相談ください。

お忙しい方は
週末夜間も可能です。
  • 土
  • 夜間
お電話は

03-5944-9752

メールは
24時間 365

債権回収

貸金・代金等の請求(債権回収)は、一刻も早くご相談ください。

債権回収

トラブル事例

債権回収はスピード対応が肝心!

時間が経てば経つほど回収確率が下がってしまう

支払いが遅延している債権は時間が経てば経つほど回収率が下がってしまいます。 これは、時間の経過とともに、債務者の資金繰りが悪くなったり、支払いが滞っている他の債権者の数が増えていき、最悪の場合、倒産してしまったりするためです。 そのため、債権回収では、いかに早く手続きに入れるかが非常に重要です。 早い段階で弁護士が介入することにより、回収できる金額を上げることができます。

債権回収には時効がある

債権には「消滅時効」というものがあります。
例えば、知人とのお金の貸し借り(金銭消費貸借契約)であれば10年、商行為によって生じた債権については原則として5年と定められています。
債権の種類によっては消滅時効の期間が1年という短い債権もあるので注意が必要です。
期間が過ぎてしまい後悔する前にまずはどのような対応を取るべきかの相談だけでも弁護士にすることをお勧めします。

相手方との交渉も弁護士が行います

知人や取引先に対してお金の請求をするというのは心情的にも難しいという方も多くいらっしゃいます。
また、勇気を出して請求しても、曖昧な返事が返ってくるだけといったケースや支払う約束はしてくれても実際の回収には至らないというケースも多数あります。
相手方への交渉や文書作成も弁護士が依頼者の方の代理人として行います。
弁護士が介入したことで、早急に回収ができたという事例もたくさんあります。

証拠が無くても大丈夫?

債権の証拠書類として契約書や申込書等の書面があると相手方への請求をスムーズに行うことができますが、証拠書類が無いからといって必ずしも諦める必要はありません。
例えば、メールのやり取り等で契約内容が特定できる場合や実際に金銭のやり取りがされたことが分かる証拠や債務者の承認などがあれば、それを基に請求を行うことができるケースもあります。
当事者間が口頭で合意しただけの内容だけであっても弁護士のアドバイスのもと、積極的な証拠収集が可能となるケースもあります。

このようなご相談をお受けしております

  • 取引先の支払いが滞っている
  • 弁護士に相談したいが顧問弁護士がついてない
  • 個人事業主同士で債権の有無について争ってしまっている
  • 債権は回収したいが今後も取引を続けていきたいので事を荒立てたくない
  • 売掛金回収のために社内の労力が無駄に割かれてしまっている
  • 請求書を送っても反応がない、連絡が取れない

当事務所にご相談いただくメリット

ご依頼主の状況に応じた効果的な戦略をご提案

債権回収をするにあたり、ご依頼主と相手方の状況に応じて、より効果的な方法を選択して請求を行います。
事前の証拠収集や相手方が倒産や破産するリスクや資金繰りを考慮して、回収する可能性や回収額が少しでも上がるようスピーディーかつ慎重に対応いたします。
また、相手方との関係性を考慮した方法、書面作成など債権回収後の取引も考慮に入れたうえで提案をいたしますので安心してご依頼いただけます。
当事務所の弁護士は、債権回収の実績や破産事件、管財人としての経験が豊富にあるため、様々な状況に応じた対策をご提案・実行いたしますので安心してご依頼ください。

今後を見据えたサポートも行います。

トラブルが発生した時に迅速な対応を行うことも重要ですが、そもそもの発生を予防することが非常に重要です。
未払いやトラブルが起きた時に、次の一手を少しでも迅速かつ効果的に行うために、通常業務で使用している売買契約書や請負契約書等の各種契約書の見直しや新たに作成する契約書のリーガルチェックのご依頼も引き受けております。
また、普段の事業内容を把握しておくことで、トラブル解決まで迅速に対応が可能です。
日々の業務で発生するトラブル対応や法律のトラブルの防止や発生した際にすぐに相談できる窓口として顧問契約もお引き受けいたします。
様々な業種・業界の顧問先との顧問契約を結んでおりますので、顧問弁護士をお探しの方は弊所にお任せください。

池袋駅⇒徒歩5分/東池袋駅⇒3分

須田総合法律事務所

個人向け業務

主な個人向け業務

その他個人向け業務

close

法人向け業務

close