お気軽に
ご相談ください。

お忙しい方は
週末夜間も可能です。
  • 土
  • 夜間
お電話は

平日 10:00~19:00

土曜 12:00~17:00

03-5944-9752

メールは
24時間 365

離婚解決事例

解決事例21

Gさんは残業の多い職場で夜遅くまで働いていました。
そのため妻の問題行動に気づかず、夫婦の関係が破たんしたのを知ったのは、妻から離婚の請求をされた時でした。
Gさんは離婚をすることに合意をしたのですが、問題は慰謝料でした。相場や弁護士費用がどれくらいになるかわからず、平日夜遅くまで働いているため、相談にも行けないという状態でした。
当法律事務所が土曜対応をしている事を知り、弁護士が相談を受けることとなりました。

相談内容

子供のいないGさん夫婦でしたので、争点となるのは慰謝料と財産分与の金額がいくらになるのかということでした。
仕事が忙しく交渉もままならないGさんは弁護士に離婚の一切の交渉及び不倫相手への慰謝料請求を依頼することとなります。
弁護士はさっそく交渉の方法を検討。まずは、不倫相手に慰謝料請求の上、その後、妻に接触を試みると、不倫相手が慰謝料を支払う全て旨伝えてきた。そのため、妻とは、財産分与額について、主に交渉して、問題解決を図った。
不倫相手には、慰謝料の支払いについて1回での支払いを求めましたが、3回の分割を要求してきたのでGさんと相談の上で、妻を連帯保証人と付してもらうことを要求し、妻と不倫相手はこれを承諾。

解決内容

慰謝料や財産分与の取り決めをして公正証書を作成。3回目の支払いがやや遅れたので内容証明を送ったところすぐに支払いに応じ、事件は解決しました。
本件では2か月間の交渉で弁護士費用は着手金15万円、成功報酬約25万円を含め、40万円で解決をしました。

戻る

池袋駅⇒徒歩5分/東池袋駅⇒3分/東池袋四丁目駅⇒5分

池袋の弁護士

須田総合法律事務所

個人向け業務

主な個人向け業務

その他個人向け業務

close

法人向け業務

close