お気軽に
ご相談ください。

お忙しい方は
週末夜間も可能です。
  • 土
  • 夜間
お電話は

平日 10:00~19:00

土曜 12:00~17:00

03-5944-9752

メールは
24時間 365

離婚解決事例

解決事例15

Oさんは、夫と4年前に暮らしていましたが、結婚当初から仕事で忙しい夫とすれ違う事が多く、いまでは家ではほとんど事務連絡のみという状態でした。
Oさんは職場で出会った未婚の男性と恋におち、夫がいるにもかかわらず土日に遊びにいったり、肉体関係を持つなどしていました。
1年もそのような関係をつづけているうちに、夫にそのことが知れてしまい、夫は家を出てしまいました。
そのうち離婚届けにサインされたものが来たのでサインをし返して送付します。
それから1年ほどが経過した頃、突然裁判所から呼び出し状がきて、不貞行為に基づく慰謝料請求をされました。
その額は500万円にも上り、高額に過ぎないか?そもそも夫婦関係は破綻していたのに…と思ったOさんはインターネットで検索、当事務所の事を知り相談に訪れました。

相談内容

離婚までの経緯を詳しく聞いた弁護士は慰謝料が過大すぎると評価します。減額の可能性があると伝えるとOさんは弁護士に依頼、弁護士はすぐさま第一回口頭弁論に向けて答弁書を提出するとともに、裁判の進行の中で、慰謝料を減額する事情を主張の上、裁判所を介在した和解を試みました。

解決内容

夫側とは、裁判外でも接触し、交渉を重ね、婚姻関係がほぼ破綻していた事情を前提に、慰謝料額は50万円まで減額して裁判上の和解をするに至りました。

戻る

池袋駅⇒徒歩5分/東池袋駅⇒3分/東池袋四丁目駅⇒5分

池袋の弁護士

須田総合法律事務所

個人向け業務

主な個人向け業務

その他個人向け業務

close

法人向け業務

close