お気軽に
ご相談ください。

お忙しい方は
週末夜間も可能です。
  • 土
  • 日
  • 夜間
お電話は
平日・土曜10時~18

03-5944-9752

メールは
24時間 365

お気軽にご相談ください。
平日・土曜 10時~18 03-5944-9752

離婚解決事例4

解決事例4

浮気をしたことを問われ、子を連れ実家に戻った妻と離婚の話し合いをしたが、親権についての交渉が難航したが、最終的に夫の希望に沿い夫が親権を得て離婚解決した事例

相談内容

Qさんは、妻と子二人の4人暮らしで会社員として働いてきました。妻も会社員で共働きでした。 ある日偶然に妻のSNSを見てしまったところ、妻が不倫をしている事を知ったQさんは妻を問いただすと、子を連れて家を出て、実家に戻ってしまいました。 当事者間の話し合いで離婚協議となりましたが、子の親権について、出て行った妻は一向に譲ろうとしません。 話合いは平行線をたどったままで離婚調停を申し立てようとして、当事務所の存在を知り、弁護士と相談となりました。

解決内容

Qさんの子への愛情は強く、別居する前までの監護状況を聴き取ると、実際の育児はQさんの方が多く分担している実態が浮かび上がりました。
不倫をしていたこと、一方的に家を出て行った事から、慰謝料の主張を弁護士はQさんにご提案をします。 しかし、とにかく子の親権を取り戻すために、慰謝料に拘りがあるわけでは無いとQさんは考えていたので、弁護士も親権を取り戻すことに焦点を絞りました。
なお、その後、妻は実家に戻ったものの、子2人の育児を実家に任せっきりにしており、そのことで、実家と折り合いが悪くなっているとの情報も入りました。
そこで、まず弁護士は、妻に対して離婚協議を申込み、交渉の余地がまだあるとにらみ、妻と電話・メール及び直接の対面を通じて、断続的に協議を重ねました。
Qさんが法的に請求できることをすべてを話したところ、妻が軟化し、子らとの面会交流をきちんと認めてくれるなら親権を譲るという回答を得ましたので、ただちに離婚協議書を作成。 調停・裁判を利用しない形で協議離婚することで、本件を解決しました。

池袋駅⇒徒歩5分/東池袋駅⇒3分

須田総合法律事務所

個人向け業務

主な個人向け業務

その他個人向け業務

close

法人向け業務

close